吉祥寺という好立地に建つ家。武蔵野の風景に溶け込む、在来種と雑木の癒しの空間。************************

 

 

 

一年を経過した吉祥寺T邸。 予想以上の成長ぶりです。

一年前の記事と比べて頂ければ一目瞭然です。

庭造りにおいて、ガーデナーに求められるものは、「植物の性質を知って」「最良の場所」に植えることです。

それさえ間違わなければ、植物は自ずと成長を続けてくれます。

いわゆる「デザイン」は二の次。

想像以上のドラマチックな変貌は、この事に尽きるように思います。

一年を経た庭を久しぶりに見て、感動と驚きがありました。 庭はすっかり作り手の手を離れ、美しく成熟に向かいつつあります。

こういう時、人間の力など無力だなと思い知らされる一瞬でもあります。