町田市相原O邸 2年半が経過しました。

エコシステムが完成しつつあり、水遣りの手間も大分少なくなってきているそう。

当初、大量に草取りが必要だったスギナも影を潜めました。

木立の成長が、適度な木漏れ日を作り、住み手にとっても外部からの目隠しとなり、心の安らぎになっているようです。

 

 


施工前

 


施工直後

 

 

この後、約3年を経過した後はエコシステムの成熟期に入ります。

いくつかの樹高と樹形を整える事により、林間の生態系が形作られます。

山野草も旺盛なもの身を潜めるもの様々ですが、それぞれが共存しつつ、本来の「ありのままの姿」を見せてくれています。