コンセプト

  • HOME »
  • コンセプト

「庭楽(にわらく)」は、
花の店 風(ふわり)オリジナルの庭造りの形です。

簡単に申しますと、「楽しみながら」「遊びながら」維持し、成長する庭造りのことです。
そこに暮らす方(施主)が日々、庭を楽しみながら、庭で遊びながら、維持・管理が出来る、
生活・風土に似合った庭の形です。
具体的な形をいくつか記します。

歳時と庭楽

花を活けること、季節を感じること、行事を大切にする事。日本には、素晴らしい風習や行事、四季を快適に過ごす為の知恵に満ちています。
面白い事に、これらは草花や樹木と関係していることが多いのです。
身近に息づく、草花たちの声に耳を傾ける事で、
現代人が忘れかけている、文化や美意識を取り戻せる。草花と共にある暮らし・・。
そこに、本当の癒しの暮らしの秘密が隠されている気がいたします。

習いと庭楽

華道はもちろんのこと、
茶道や俳句、絵画等の習い事に、草花は不可欠です。
「庭楽」の最終形は、草花の「自給自足」です。
すなわち、花屋さんで花を買うことは疎遠になって欲しい
という考え方であります。
残念ながら現代の花屋で売る花は、肥料過多、農薬の多用、
そしてなにより「季節感」からは遠ざかっている気がいたします。なにより日本人の奥底に眠る美意識からは、
遠く乖離している気がしてなりません。
習うと言う事は、難しい事ではなく、
草花から色々なことを学ぶということです。育った野草は存分に切っていただき、
玄関や室内に飾る事で草花を知る。
また、ここにふわりの「庭楽」における、
維持管理の秘密が隠されています。

食と庭楽

草花を食したことがありますか?実は日本のハーブと呼ぶべき植物は、
案外に育てやすいものが多いのです。
「みょうが」「山椒」「しょうが」「ふき」「ユキノシタ」「二輪草」等々・・また、テーブルコーディネートには
「ハラン」「つわぶき」「南天」等々が使えます。
ベリーの類も丈夫なものが多い。自らの育てたものを体内に取り込む経験は、実はとてもかけがえのないものです。
とくに、幼少期のこのような体験は、感性を育て、食に対する関心も増す気がいたします。

庭育としての庭楽

大きな庭でなくてかまいません。
マンションのベランダやテラスでも十分です。
幼少期、庭は不思議に満ちた場所ではありませんでしたか?
そこに育つ草花や雑草。
出生時や入学時等に植えてもらった記念樹たち。
集まる蟻やバッタを捕まえた経験は誰にもありましょう・・。
庭は思い出やさまざまな物語が生れる大切な場所と考えます。
大小に関わらず庭は自然界の縮図、生命の宝庫なのです。
コンクリートで固めてしまえば、ある意味簡単なのかもしれませんが、そこに暮らす人の心も冷たいものになってしまう気がいたします。
ベランダであっても、できれば少したっぷりとしたコンテナーを置いてみる。 そんな些細な事が与えてくれる恩恵は、案外に大きいかもしれません。

苔玉・草花盆栽という庭楽

ふわりにあっては、
苔玉・草花盆栽も「庭楽」という考え方によるものです。
現代は、暮らし方も多用になり、必ずしも庭や広めのテラスがあるとは限りません。 そんなときには、これらの「小宇宙」を置く事で、
随分違ってくるような気がいたします。
ふわりでは、「苔玉・草花盆栽」のギフトが人気ですが、
そんなときに「あの方に小さな庭をプレゼントするんだ・・」と考えてみてください。
庭は自然の縮図と言いましたが、
草花盆栽や苔玉は「庭の縮図」と考えて頂いて結構と思います。
形は違えど、与えてくれるものは小さくないと思います。また「庭楽」としての苔玉・草花盆栽という方法もあります。
そして、
「庭育」としての、苔玉作り、草花盆栽作りも楽しいことでしょう!
苔玉・草花盆栽という庭楽

コミュニケーションとしての庭楽

コミュニケーションとしての庭楽 ここでいうコミュニケーションとは、もちろん家族、友人、そしてご近所との関係性を言います。
植物から生れる会話と言うのは、とても自然で心楽しいものです。
道行く人が足を止めて、草花談議に花が咲く・・。
家族や集まった友人との庭についての四方山話・・。
摘んだ野草を手土産に・・なんて、とっても素敵じゃありませんか?草花が取り持つ様々な所縁。
それも「庭楽」の「楽」のひとつと思います

環境と庭楽

昨今、環境問題としての緑化に意識が高まっています。
屋上緑化やビオトープ等もこれらの考え方の一つです。
大げさに考えなくても、植物を育て、鳥や昆虫が休む場所を提供する事が「ビオトープ」の根本です。 最近では若い方が「緑のカーテン」や「野菜作り」に挑戦する事が多いようです。ふわりの「庭楽」では極力、在来の樹木や野草を使うことにより、消毒薬の多用や、外来種の蔓延を防ぐ事も念頭にあります。
あくまで、日本の環境・風土に合った庭造りを・・。
「庭楽」は空気や土壌に、そしてなにより人に優しい庭造りを心がけています。
環境と庭楽
ふわりの庭造りにおいては、「庭楽」と言う事がコンセプト・テーマになります。
上記に様々な事を記しましたが、これらは「庭楽」の一端を表すものでしかありません。様々な経験・施工を経ての考え方・コンセプトが少しずつ形を成してきました。
今後も更に、当店の活動の「庭楽」を軸に進めていきたいと思っています。一人でも多くの方に「庭楽という暮らし方」を・・・。
邁進していきたいと思っております。

 

TEL 03-6310-2820

ブログ更新情報


 〒178-0061
東京都練馬区大泉学園町6-17-12
Maison flure 207
TEL 03-6310-2820
MAIL:info@28fuwari.com
代表 楠 耕慈(クスノキ コウジ)

PAGETOP