After



Before






After







After



Before





市川市A邸の庭造りが終わりました。

初めて施主様からお問い合わせいただいたのが昨年の9月。

まだ、着工前で平面図を拝見してのお打合せでした。

お打合せさせて頂く中で、施主様より「目が喜ぶ庭造り」とご希望頂き、心がけてのプラン作りとなりました。

お人柄がとっても素敵なご夫妻でしたので、庭造りも気合が入りました。


もともとのお住まいが西荻窪で、武蔵野の緑豊かな土地でしたから、千葉に移られる事になると土が合わない気がしました。

土が合わないというのは抽象的な言い方ですが、やはり住み慣れた土地の景色、匂いというものがあると思うのです。

正直言いますと、以前も近辺の庭造りをしましたが、この土地の土壌は庭造り向きではないのです。

砂が多く、重く水はけの悪い土壌は、庭造りには工夫が必要です。

今回は堆肥を多めに使用し、築山を大きく設け、水はけに努めました。

樹木は今回も5m超えのものを使用。

添わせるように繊細な樹木を併せました。

石材は大谷石と御影石を組み合わせ、芝も貼りました。

野草の育ちやすいよう、樹木の芽吹いた際の木陰を予想して、沢山の野の花を植えました。

春にはいっせいに芽吹いて、風通しの良い、野の花揺れる庭になると思います。


庭造りの作業中も、色々な方からお声がけいただき、名刺も求められてお渡ししました。

人通りも多く、近くには桜咲く遊歩道もあります。

きっと施主様、またご近所の方にも喜んでいただける庭になることと思います。

この度は本当にありがとうございました。




*建物の施工は、大和工務店さんです